仕事に追われ、自分のことに手が回らない人が多くなってきました。
しかし、何故いま、それがこと声を大にして言われるかといいますと、
出生率の低下、未婚者の増加、低賃金での就労者の増加など、
不景気に端を発した諸所の問題があります。
バブル期などは、お金回りもよく家庭を築きやすいうえ、
女性が家庭にいて、男性が外で働くという構図が明確でしたが、
いまや低賃金で結婚や家庭を築くのが不安。
また低賃金で男女共働き、働く量は昔と同じもしくはそれより多く、
生きている意義が薄れやすくなっています。
ごまかしではないですが、仕事以外で同じ野球ユニフォームを着て
野球チームに参加や、仕事とは別の趣味をしたりしないと、生きづらい世の中。
できれば、将来の仕事の収入になるものを趣味とともに今のうち見つけたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です